TOEIC 専門講師 早川幸治(Jay)先生に聞く、TOEIC対策にも応用できるメアリ・グラスゴー・マガジンズ

TOEIC 対策にも応用できる学習用英語雑誌
早川幸治先生
早川幸治先生に聞く「メアリ・グラスゴーマガジンズ」の活用法

ニックネームはJay。IT 企業から英会話講師に転身し、現在はTOEIC 専門講師として楽天やパナソニックなど多くの企業研修を担当。また明海大学や桜美林大学、早稲田大学などでも教える。初級者を対象とした授業を中心に行い、絶大な信頼を得ている。TOEIC 対策関連の著書多数。twitter: @jay_toeic

 イギリス発の英語学習者向けに作られた雑誌Mary Glasgow Magazines は、英語学習の初級者から上級者まで楽しみながら読める雑誌です。TOEIC テストの大量の英文にひるまない英語力を磨くのにも適しています。「概要をつかむ」「素早く細かい情報を見つける」といった力が身につくため、Part 7(読解問題)にも応用できます。これは、問題集を解いているだけでは身につけにくいスキルであり、またTOEIC が最も求めているスキルなのです。

 Mary Glasgow Magazines はレベル別に5タイトルあるため、自分のレベルに合わせて選べます。実は学習者向けに作られた雑誌はほとんどありません。Newsweek にしてもTimeにしても、英語学習者向けに書かれているものではないため、「読もうとしたが挫折した」という方も少なくないでしょう。しかし、MaryGlasgow Magazines には、そういう心配は不要です。レベル別ですから、初級者でも「英語を英語のまま理解できる感覚」をつかむことができます。これこそ、TOEIC の読解問題に求められるものです。しかも、各記事がそれほど長くないことも英文を読みやすくしています。

 TOEIC250 点~ 300 点レベルの初級者にとっては、そもそも英語を読み続けることは「辛い」ものです。しかし、Click であれば全部で300 語程度の単語しか使われていませんし、写真も満載ですから、英語を理解する楽しさを感じることができます。またTOEIC500点~ 700 点の中級者は英語を読み続ける「体力」に欠けていることがあります。大学生や社会人の方などはCrown やClub、Team などを用いて、文化から政治経済まで興味のあるものを楽しみながら英語で情報を処理することに慣れることができます。800 点を超える上級者は、TOEIC のための勉強は卒業し、積極的に英語で情報を取り入れることが大切です。Currentは、時事問題に関する記事もあるため、英語をツールとして使う練習が可能です。

 さらに、CD 付であることで、雑誌の内容に関連したものを使って、リスニングの練習もできるため、目から耳から情報を処理する能力を磨くことができるのです。英語学習者向けの教材であることから、指導者向けのTeacher’sNote も入っていますから、授業での活用も可能です。多読教材として、またはディスカッションの補助教材として、様々な使い方ができます。

 TOEIC スコアに直結するスキルを磨くことができる教材としてオススメします。問題集を使ったTOEIC 対策と同時に行うことで相乗効果があります。



伊藤サム氏に聞く 早川幸治先生に聞く 川合亮平氏に聞く TOEIC対策にも応用できる学習用英語雑誌
メアリ・グラスゴー・マガジンズの紹介 MGMウェブサイト・アクティビティの紹介 自分に合ったレベルが選べる MGMニュース&ワークシート

ページトップへ戻る